危険!!! LED電球の突入電流について

 

一般的にLED電球は省エネ・エコと考えられていますが、実際には注意する点があります。

LED電球を点灯した瞬間的に「突入電流」という膨大な電流が流れ、その電流は通常の消費電流の数百倍に及ぶ事があります。
サイン球用の電子点滅器にLED電球を使用すると、LED電球の破損・電子点滅器の内部回路の破損・発熱によるヒューズや配線の損傷等重大な結果に結びつく可能性があります。

 

実際に使用された点滅器の状態

・ケーブル部分の焼け跡(左)

・熱によりケーブルの溶ける(中)

・ヒューズ内部が溶ける(右)

 

 

 

弊社のLED電球用点滅器は装置内部に突入電流を吸収する

保護回路を内蔵しています。

 

比較すると

 

突入電流は保護回路を内蔵するだけで4.85Aから0.12A(約1/40)に抑制します。

LED電球を点滅させる場合には保護回路内蔵のQF型点滅器(LED電球専用点滅器)をご使用下さい。さらにサージ電流対策もしています。

必ず注意事項をよくお読みの上、装置を正しく使用して下さい。

弊社指定のLED電球以外をご使用になられたい場合は性能試験を致しますのでお気軽にお申し付け下さい。

ご不明な点がございましたら使用せずに弊社窓口までお問い合わせ下さい。

 

  例) お使いのLED電球が点滅動作が可能かどうか検査致します。

     施工するLED電球の最大使用個数。

     ご要望のイメージを具体的にどのようなプログラムが必要かをご提案

     させていただきます。

 

 

 

LED電球用点滅器に戻る

 

お問い合わせフォームへ

 

トップページに戻る